被相続人死亡後の手続き

ここでは被相続人(=相続される人)死亡後の手続きについてご説明いたします。

 

被相続人の死亡後の手続きの中には期限内に確実にやらなければ大きな損失を生んでしまうものもあります。

事前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

詳しい内容は以下の通りです。

最初の手続き

相続が発生して必ず提出するものが、死亡届です。7日以内に必ず処理しましょう。

期限のある手続き

知らなかったでは済まされないのが期限のある行政手続きです。思わぬトラブルや大きな損が出ないように、事前にチェックしておきましょう。


相続手続きの早見チェック表

届出・手続き 説明 期限 手続き先
死亡届 「死亡診断書」とセットで 7日以内 亡くなった人の本籍地または届出人の住所地の市町村役場
死体火(埋)葬許可申請書 火葬・埋葬の許可をとるとき 7日以内 死亡届を受理した市町村役場
世帯主変更届 世帯主が死亡したとき 14日以内 住所地の市区町村役場
児童扶養手当認定請求書 世帯主が死亡して、母子家庭になったとき 世帯主変更届と
同時
住所地または本籍地の市区町村役場
復氏届 配偶者の死亡後、旧姓に戻りたいとき 必要に応じて 住所地または本籍地の市区町村役場
姻族関係終了届 配偶者の死亡後、配偶者の親族と縁を切りたいとき 必要に応じて 住所地または本籍地の市区町村役場
子の氏変更許可申請書 配偶者の死亡後、子の姓と戸籍を変えたいとき 必要に応じて 子の住所地の家庭裁判所
改葬許可申立書 お墓を移転したいとき 必要に応じて 旧墓地の住所地の市区町村役場
準確定申告 1月1日から死亡日までの所得を申告する 4ヶ月以内 亡くなった人の住所地の税務署
運転免許証 返却 速やかに 最寄の警察署
国民健康保険証 変更事項の書き換えをする 速やかに 住所地の市区町村役場
高齢者福祉サービス 利用登録の廃止 速やかに 住所地の福祉事務所
身体障害者手帳など 返却。 速やかに 住所地の福祉事務所
勤務先(在職中の場合)
死亡退職届 提出 速やかに 勤務先(手続きは勤務先で行う)
身分証明書 返却 速やかに 勤務先(手続きは勤務先で行う)
退職金 受け取る 速やかに 勤務先(手続きは勤務先で行う)
最終給与 未支給分があれば受け取る 速やかに 勤務先(手続きは勤務先で行う)
健康保険証 返却 速やかに 勤務先(手続きは勤務先で行う)

代表的な名義変更の手続き

保険金・社会保険などの請求や切替

生命保険金、損害保険金などの請求を各生命保険会社、損害険会社に請求する
相続人が受けている年金を止める手続きおよび遺族年金などの請求をする

土地・建物などの相続登記

不動産の相続登記を行う
(遺産分割協議書などを用意の上、最寄りの法務局にて名義書き換えを行う)

預貯金・株式・債券の変更

名義変更・換金処分を行う

借入金債務・未払いの公租公課や医療費などの支払い

住宅ローンなどは団体信用保険に加入している場合が多く、死亡により保険金にてローンなどは返済される

相続相談バナー
大分県内全域対応バナー
大分・別府の税理士事務所「河村会計事務所」へのリンクバナー