相続人と財産の調査

相続が発生した場合、どの財産を相続するのか、その財産がいくらになるのかに、目が行きがちですが、それ以前に誰が相続財産を受け取る権利があるのかを確認する必要があります。

 

「だいたい分かるから、調べなくても大丈夫。」と思っていると、思わぬ事態に陥ってしまう場合があります。

予期しなかったような人が相続人として出てくることも少なくありません。

 

それが早い段階であれば良いのですが、遺産分割協議がまとまった後だと大変な手間が掛かります。

誰が相続人であるかをしっかりと把握することは非常に重要です。

 

遺言や死因贈与契約がなく、法定相続で相続する場合は、しっかりと相続人を把握しないと、想像もしなかったような人が相続人として出てきて相続財産を思うように相続できない可能性があります。

 

また、どのような財産が相続遺産の対象になるのかをしっかりと把握しましょう。

 

相続人の調査

相続人調査を怠ると、相続が思いのほか長期間に渡ったり、親族が修復不可能なまでに争ったりするケースがあります。

相続において、最も大切な相続人の調査についてはこちら

法定相続について

遺言が残されなかった場合は、どんなに個人的に、特別な事情があったとしても、原則、法定相続に従うことになります。

相続で最も重要となる法定相続についてはこちら

相続財産とは

相続財産には、現預金や不動産、株式などのプラスの財産のみならず、借金などのマイナスの財産も含まれることになります。

相続財産についてはこちら

相続相談バナー
大分県内全域対応バナー
大分・別府の税理士事務所「河村会計事務所」へのリンクバナー