相続税とはどんな税金か(相続税のしくみ)

私達のまわりには、たくさんの税金があります。

大きく2つに分けられ、国税(国がかける税金)地方税(県や市がかける税金)に分かれます。

 

相続税は、国税に分類され、亡くなった人の財産を受け継いだ際に、その財産の価格(価値)をベースにしてかかる税金となります。

相続税とは富の「再分配」なんですね。
相続税とは富の「再分配」なんですね。

ちゃんと所得税を支払ったり残りのお金で、やっとためた財産にまた相続税がかかる・・・。

残酷な話しだと思いますが、国は

 

1.親などが亡くなったことによって、たまたまもらっ

 た財産(不労所得)ではないか。

2.特定の人に財産が集中するのを防ごう。

 

ということで、相続税をかけることにしています。

いわゆる「富の再分配」です。

 

相続税は、相続する人全てにかかるというわけではありません。

次に、「相続税がかかる財産」、「相続税の申告と納税」について詳しくみていきましょう。


相続相談バナー
大分県内全域対応バナー
大分・別府の税理士事務所「河村会計事務所」へのリンクバナー